第3回「夢たちばなビレッジ」中島茂雄さん~里山の中にあるこぢんまりとしたのんびりキャンプ場~2021.03.04

投稿者 : 土谷茉亜紗 on


こんにちは。Field Bankスタッフの堀川です。

Camp INTERVIEW第3回目は、福岡県八女市立花町白木にある「夢たちばなビレッジ」にお邪魔してキャンプ場インタビューをしてきました。

私自身、八女出身なので地元愛が溢れすぎないように、夢たちばなビレッジの魅力をお伝えしていきます!


八女茶で有名な八女市は、自然の豊かさ、地域の方々の穏やかな人柄、伝統ある行事や工芸品が魅力です。

夢たちばなビレッジが位置する八女市立花町は全国有数の生産量を誇る竹の子、キウイ、ミカンが有名なんですよ。

雄大な自然に囲まれた夢たちばなビレッジは、森、小川、花、鳥、星など家の中からでは感じることのできない、The 自然を体感することができ、リフレッシュ効果抜群です!

初夏には蛍も見れるそうですよ。


車でキャンプ場に向かっていると、菜の花がたくさん咲いており、自然と春をめいっぱい感じました(^^)

広大な山々に囲まれた、のどかな道を進んでいくと・・・

 

キャンプ場に到着しました~!里山の中にあるのどかで、こぢんまりとしたキャンプ場です^^!

八女ICから車で20分程度でアクセスも良く、山特有のくねくね、ガタガタした道もないので車酔いしやすい方でも何の問題もありません!


今回、取材を快く受け入れてくださったのは、キャンプ場の運営母体である白木ふるさと観光振興会兼ビレッジ職員の中島さん。

とても親切に答えてくださり、笑いを交えながらの非常に楽しい取材でした。

実際にキャンプで訪れた際にも、このような親切な方が案内してくれるんだ、と思うと、とても安心して過ごせます。



【キャンプ場紹介】


四季ごとに様々な表情を見せてくれる自然に囲まれた夢たちばなビレッジは、24年前に白木ふるさと観光振興会の方々が、地域活性化の為に山を切り拓くところからスタートしたそうです。

夢たちばなビレッジには、オートキャンプ場が12区画あり、全てのオートキャンプの区画にAC電源がついています。

 

広々とした作業台(^^)

とても綺麗に掃除されている炊事棟やトイレがサイトの近くにあります。


全てのサイトに電源があり、レンタル品や販売品、本の貸し出しも充実しているのでキャンプ初心者の方でも不便に感じることはありません。

管理棟に男女別の浴室や、洗濯機・乾燥機もついているのでとても快適ですね。

キャンプ料金に(入村料、電源利用料、サイト利用料、入浴料)全てが含まれています!


大自然の中にありながら、こんなに設備が充実したキャンプ場があっていいのか…!と終始驚いていました(*_*)

管理棟には管理人さんが24時間いらっしゃるので、女子キャンパーの方も安心して過ごせます。

ソロキャンパー同士で行って、近くのサイトをとって楽しむのもいいですね!


このキャンプ場の特色として、比較的コンパクトなキャンプ場なので、子どもが遊んでいても大人の目が行き届き安心だそうです。

逆に、小さい子どもの目線からすると大きいキャンプ場なので、大自然の中での大冒険気分になります。

遊具や小川など子どもたちが楽しめる場所もたくさんあります♪

小川は、水深が浅いので小さなお子様でも水遊びを楽しめますよ(^^)

(夢たちばなビレッジさんインスタグラムより)


このような特色から、ファミリー層の方々の利用も多く、訪れる方々の人柄がとても良いキャンプ場だと言います。


【白木ふるさと観光振興会との二人三脚】


夢たちばなビレッジを訪れて、私たちが特に感動したのは、とても綺麗に保たれている景観です。

キャンプサイト付近や、管理棟付近、全てのトイレなど、キャンプ場内のどこを切り取ってみてもとても綺麗に整備されています。

その秘密を伺ってみると、地域の白木ふるさと観光振興会の皆様が協力して、整備や掃除に日々尽力しておられるとのこと。

(夢たちばなビレッジさん フェイスブックより)

地域の方々の協力があってこそ保たれる綺麗なキャンプ場の運営に、中島さん自身も本当に感謝しているそうです。

心温かい立花町の方々の絆が生み出したキャンプ場は、24年立った今でも変わらず受け継がれているんですね。

写真だけでは伝わらないのが残念なのですが、清掃が隅々まで行き届いており、キャンプ場とは思えない居心地のよさに驚きました!

(夢たちばなビレッジさん フェイスブックより)


皆様も夢たちばなビレッジを訪れた際には、綺麗に整備されたサイトや道に注目してくださいね。

 

【自然と遊ぶ!子どものための体験教室】


また、夢たちばなビレッジは、子供たちに自然の中で思いっきり楽しんでほしいとの思いから、体験教室も充実しているんですよ。

事前予約性で、薪割り体験やピザ・パンづくり体験、冬季にはリースづくり体験も行っているそうです。

(夢たちばなビレッジさん フェイスブックより)

薪割り体験をして、その薪でその日の焚火をすることも可能なのだそう。

 


(夢たちばなビレッジさん フェイスブックより)

また、ピザやパンは、粉からこねる工程から焼く工程まで全て体験できるそうです。


中島さんは子供に道具を使うこと、また、手仕事をすることの素晴らしさを子供たちに体験を通して学んでほしいと仰っていました。

(夢たちばなビレッジさん フェイスブックより)


子供たちが、外で手仕事を体験する機会は中々ありませんよね。

道具を効率的に使う難しさ、便利さ、面白さを体感することは子供たちにとって大きな成長の機会となるはずです。

中島さん自身も、体験の中で、子供たちに小学生が理解できるよう分かりやすく教えることの難しさを体感し、日々、子供たちに触れ合うことを通してそのような気づきがたくさんあるそうです。


【他施設の紹介】

また、夢たちばなビレッジは、24年間の運営の中で、テラスを増設したり、バンガローを建てたりなど、キャンプをする人たちのニーズに対応しながらキャンプ施設をグレードアップしながら、日々訪れる人々に愛されるキャンプ場に進化しています。

現在は小川の傍に花を沢山咲かせるお花畑化計画を3年ほどかけて進めているそうです。

これも、白木ふるさと観光振興会の方々と協力して進めているそうです🌷


夢たちばなビレッジには、オートサイトの他に、バンガローや管理棟管理棟宿泊室などの施設もあります。自然を感じたいけどキャンプ泊はちょっと不安という方にもピッタリです!

バンガロー


宿泊施設

 

【最後に】


以上、魅力いっぱいの夢たちばなビレッジさんのインタビューでした。

このように、景観も設備も人柄もアクセスも良好なキャンプ場を訪れない手はありません!

皆様も、次のキャンプサイト候補に是非夢たちばなビレッジを考えてみてくださいね(^^)v


取材に答えてくださった中島さん、本当にありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Field Name:夢たちばなビレッジ

Location: 〒834-0084 福岡県八女市立花町白木3720

HP:https://yame-ytv.jimdofree.com/

Instagram:https://instagram.com/yume_village?igshid=vuj9y2lj3ioh

facebook:https://www.facebook.com/yume.village/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー