キャンパーに聞いた!おすすめの日本製 鍛造フライパン

投稿者 : 土谷茉亜紗 on

 

キャンプに、焚き火に、鍛造フライパンはいかがでしょう?

焚き火フライパンは、一般的に取っ手がついていない鉄製フライパンのことを指し、取っ手を現地調達できて持ち運びしやすい為、ブッシュクラフト好きの間で人気になっています。

焚き火フライパン

↑焚き火フライパン/miyake yusuke(@yusukeee124)様

一方で、鍛造フライパンの中には元々焚き火用にハンドルの長さや角度が工夫されたものがあり、そのハンドルデザインが魅力の一つです。

鍛造フライパン

↑鍛冶工房 金床 鍛造フライパン/FieldBank

ネットやSNSでは、ドイツ製のturk(ターク)など海外メーカーの鍛造フライパンが結構有名ですよね。

ターク 鍛造フライパン

↑Turk 鍛造フライパン(出展:FULL angle)

でも実は日本にも色々なこだわりの鍛造フライパンがあるんです!メイドインジャパンの良さは何と言っても、職人の手で一つ一つこだわり抜いて作られていること。調べてみると、日本刀を作る刀鍛冶の技術や船の製造技術など古くから使わる技術を活かして作られているものもあるようです。

ということで今回は、日本製のこだわり鍛造フライパンを特集していきたいと思います!

1.鍛造フライパンとは?-鍛造と鋳造の違い-

鍛造フライパンと言われても、そんなに聞き馴染みもなく、そもそも「鍛造」って?鉄フライパンとどう違うの?という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

まず「鍛造」とは、金属を成形する加工方法の一種です。鉄フライパンは主に、鍛造か鋳造かで作られています。二つの違いはごくシンプルで、「鍛造」は叩いて成型する加工法で、「鋳造」は金属を溶かして液体にし、型に流し込む加工法です。

鍛造フライパンは、鉄鉱石を溶鉱炉で還元した鉄「銑鉄(iron)」の炭素料を下げる処理などをした「鋼(steel)」を板状にし、その「鋼板(steel plate)」を叩いて成型して作られます。

一方で鋳造フライパンは、「銑鉄」を一旦溶かして型に流し込んで出来上がる「鋳鉄(cast iron)」が原材料となっています。スキレットはこの成型方法で作られた鋳物です。

鉄フライパン スキレット

↑(出展:となりのカインズさん)

ここまで長々と説明してしまいましたが、押さえておくべきポイントはこちら!(※鋳造フライパンは代表的なスキレットの特徴をまとめています)

鍛造フライパン スキレット(鋳造フライパン)
「鋼板」を叩いて成形 製造方法 「鋳鉄」を型に流し込んで成型
空焼き等で形成させる酸化被膜のミクロンレベルの凸凹によって油馴染みが良い

油馴染みの構造

鋳鉄表面の炭素の粒が、水分や油分を浸透させるため、油馴染みが良い
若干薄め(2~3㎜程度のものが多い) 厚さ 厚め(5㎜程度のものが多い)

26m・28cm・32㎝・36㎝

浅型と深型あり

代表的なサイズ 15cm・20cm・25㎝
熱伝導率と蓄熱性のバランスが良く、高温調理が可能

調理面でのポイント

熱伝導率が穏やかで蓄熱性が優れており、弱火でじっくり焼くのに適している

ステーキ・焼きそば等の炒め物 など(深めのものであれば)鍋や揚げ物にも

おすすめレシピ パンケーキ・ローストビーフ・チーズフォンデュ・アヒージョ など
焚き火調理 キャンプでの利用シーン バーナー調理・ピザ窯

 

メーカーによっても色んな特徴があるので一概には言えませんが、ご参考までに大まかにまとめてみました!どんな料理を作ろう?自分のキャンプスタイルに合うのはどっち?そんなことを考えながら選んでみてもいいかもしれませんね。

2.おすすめの日本製 鍛造フライパン -キャンパーのレビューまとめ-

ここからがいよいよ本題です!スキレットに関してはレシピや使い方・レビューがネット上に沢山載っています。しかし、鍛造フライパンはじわじわと注目されつつある状況なので、気になってはいるけど、まだ情報収集中…という方の為、実際に鍛造フライパンユーザーのキャンパーにInstagramで使用感・おすすめポイント・気になる点などをお聞きしました!

millio 鍛造フライパン

Instagramで調べてみて一番ユーザーが多かったのがmillioの鍛造フライパン。「millio」は金物の町、兵庫県三木市の鍬製造元「安隨製作所」の鍛冶職人が「槌目」「ひねり」をキーワードに自由鍛造の技術を活かして生み出したアイアン製キッチン&インテリア雑貨です。柄のひねりのデザインを見た瞬間、これ…!って分かるデザインです。

HP:https://millio1619.com/

Instagram:https://www.instagram.com/millio1619/

『millioの20㎝を使ってます。大きさの割に深めに作ってあるため、焼くだけ   ではなく煮たり揚げたりするのにも使いやすいです。私はこのフライパンで良  くアヒージョを作ってそのままテーブルで食べたりします。鍛造なので鉄密度が高く、厚さの割に蓄熱性が良いので料理がさめにくいのも利点です。』

 -AKRPA(@akrpa)様

millio 鍛造フライパン
millio 鍛造フライパン
『フライパンの表面の打ち込んだ跡がカッコイイので購入しました。その凹凸のおかげか平らな鉄フライパンよりも食材がくっつきにくい気がします。鉄板の厚みもそれなりにあり、これがあるとスキレットを持っていかなくなりました。ただ、焦げがこびりつく様な使い方をすると凹凸があるのでヘラでは取りにくいなと思います。
millioさんの鉄フライパンが気に入ってしまって、今はmillioさんにソロ用鉄板の特注サイズをお願いして制作を待っているところです。特注での受注も受けてくれるところもmillioさんの良いところです!』

 -_aki_ni_(@_aki_ni_)様

millio 鍛造フライパン
millio 鍛造フライパン
 

『22㎝鍛造フライパン使用してます。

おすすめポイント
①高い蓄熱性で、肉が抜群に美味くなります。安肉でも何故か大体美味しくなる。キャンプだけでなく自宅でも愛用しています。②メンテナンスすることで長く愛用できるところと、愛着の湧き方は半端ないです。(将来は息子に渡そうと思っている)③見た目。無骨な見た目で調理をしていると、自分が料理人になったような錯覚をするとかしないとか。調理してる時の目は多分めちゃめちゃイキってると思う…(笑)

イマイチポイント
持ち運びがしにくい。ザック一つでキャンプすることが多いので重い。自分は筋トレと思っているので精神的には大丈夫だけれど、厚み2ミリほどで1キロあるのでザックに詰めるのも割と嵩張るので…パッキングを工夫すれば問題ないですけど。

同社からフォールディングする鍛造フライパンも制作してるので、次はそれを買います🍳』

 -Masashi”どてちん”Yamasaki(@masashi_dotechin_yamasaki)様

鍛冶工房 金床 鍛造フライパン

広島県福山市曙町にある「鍛冶工房 金床」は秋田和良 様による一人工房。加熱・鍛造によって引き出される鉄の表情の美しさを重視し、各種道具類を拘って少量ずつ制作されています。一つ一つ手作りの為、唯一無二のアイテムが手に入れられるのが魅力。

HP:https://nokaji.stores.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/akitakazuyoshi/

『ハンドルの角度がついているので、焚火で低い位置に火がある時にも使いやすいです。また、適度に熱を保てるのでお肉を焼くときには焦げ付かず丁度良い焼き目になります。あとは何と言っても見た目の美しさ。フック状になっているオリジナルのハンドルデザインや手作業で叩いて作った感じが残っているのが何度見ても見飽きません。』

鍛冶工房 金床 鍛造フライパン

鍛冶工房 金床 鍛造フライパン
『男心くすぐる重厚なボディはハードな使用にも耐え、サバイブキャンパーにもオススメ。ハンドルの角度は実際のキャンパーの使用テストを重ね絶妙なチューニングを施してあるようで、実際に焚火での調理がしやすい仕様となっていました。一生付き合っていけるギアのひとつ。』
鍛冶工房 金床 鍛造フライパン

鍛冶工房 金床の鍛造フライパンはFiledBank ONLINE STOREから購入可能です。

河原崎貴 鍛造フライパン

長野県伊那市に工房を構え、「鍛造」という手法で鉄の製品を制作する鍛治職人。「焼き」「炒め」「揚げ」全てが網羅でき、軽くて薄いのが特徴です。取っ手部分がし鉄の輪っかになっているのが定番として知られています。

#河原貴貴

https://www.instagram.com/explore/tags/%E6%B2%B3%E5%8E%9F%E5%B4%8E%E8%B2%B4/

『おすすめポイントは、軽くて使いやすい、取手のデザインがいいところです。』

 -kana(@jkaj_c)様

河原崎貴 鍛造フライパン

cocinero 鍛造フライパン

広島県福山市鞆の浦でいかり製造の伝統技術を守る職人たちが結集し「つくりたいものをつくる」というポリシーから生まれたのが「cocinero (コシネロ)」。「鍛接」で作られており柄とパンの間につなぎ目がないのでタフに使えます。プレス成形の為、スタイリッシュなデザインで且つ機能的という文武(?)両道。

HP:https://www.cocinero.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/p/COxhMvwHA6g/

『4mmもの厚さがあるからかもしれませんが、蓄熱が良く一気に調理できます。柄が長いので焚火などのアウトドア調理でも使い勝手は良いです。鉄なのでフライパンが重く、振って調理は厳しいかと思います。』

 -Sathosi.ぬこ(@hanachan_777)様

cocinero 鍛造フライパン

以上、日本製 鍛造フライパンをピックアップしてみました!ご協力いただいたキャンパーの皆様、ありがとうございました。アウトドア用の鉄フライパンの購入を検討されている方は、是非参考にされてみてください☆

FieldBank ONLINE STOREではソロキャン用のギアを多数取り揃えております。よかったら覗いてみてくださいね。

https://shop.fieldbank.net/